そこが知りたい!エコバッグガイドブログ : 2016/03/01


春と秋に患者が増える花粉症とは、
森のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉がアレルゲンとなり、
くしゃみ・目のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を招く病気として認識されています。

緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、
首筋の凝り、張りに誘引される肩こり頭痛で、
「ギュッと締め付けられるような頭痛」「重苦しい鈍い頭痛」と表現されています。

道路交通事故や屋根からの転落など、
かなり強い負荷が身体にかかった場合は、
複数箇所に骨折が発生してしまったり、
複雑骨折に至ったり、他の内臓が負傷することも考えられます。

黴菌やウィルスなどの病気をもたらす病原体(微生物)が肺の中へ忍び入って発症し、
左右どちらかの肺が炎症を起こしてしまっている病状を「肺炎」と呼ぶのです。

チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査のデータによると、
大人と比較して若い子どものほうが飛散した放射能の悪い影響をより受けやすくなっていることが分かるのです。

ピリドキシン(ビタミンB6)は、
様々なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギーを活用するために欠かせない回路に組み込むため、
それ以上に分解することを促進するという作用もあるのです。

ものを食べるという行為は、食べる物をなんとなく口へ運んで何度か咀嚼して後は嚥下するだけだが、
その後人体は実に律儀に働き続けて異物を人体に取り込むように努めているのだ。

塩分や脂肪分の摂り過ぎを控えて自分に合った運動を心がけ、
ストレスの多すぎない日常生活を続けることが狭心症の誘因となる動脈硬化を未然に防ぐ方法だといえます。


俺も約20年前に保育園落ちて、自宅から少し離れた無認可園に行ったけどその園が認可園に移行する際に反対の声が出たり何やかんや幼少期は散々だったなーと。子どもの声を「騒音」と捉えてしまう社会が子育て世帯を苦しめてる気がする。 これからは麻雀力の時代だし

今日修理から上がるレンズたちをどうすれば告げ口されないようにできるか頭を高速回転させる金曜の朝…(°_°) 新婚旅行の話をしてる夫婦ぼく(いいぞ。)きらきらなオーラを辺りに振りまく高校生カップルぼく(ころす)



このページの先頭へ戻る