そこが知りたい!エコバッグガイドブログ : 2016/08/07


腰などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、
背骨の間に存在する緩衝材のような役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい円形の線維軟骨がはみ出てしまった症例のことを称します。

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、
普通ならばヒトをガンから守る役割を持つ物質を生成するための鋳型みたいな遺伝子の異常により発生してしまう病気です。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、
手や足が無感覚になったり脚のむくみなどがよく見られ、
進行すると、最悪のケースでは心不全をもたらすことがあるようです。

胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス手術(CABG)」の2つの治療方法が高い頻度で利用されています。

吐血と喀血、いずれも血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器…respiratory system)から血が出ることで、
吐血というものは十二指腸よりも上部の消化管から血が出ることを示しているのです。

現在、若年層で長期間咳が続く結核(けっかく)の免疫を持っていない人々が増加していることや、
受診が遅れることに縁る集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。

UVB波は、UVA波より波長が短いので大気中のオゾン層を通る際に一部分が吸収されるのですが、
地表に届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、
デオキシリボ核酸)を破損させるなど、
皮膚にとって悪い影響をもたらすのです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の代表的な症状は、
アレルゲンである花粉の飛散している量に追従して悪くなるというデータがあるようです。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、
食生活が欧米化したことや能動喫煙・アルコール類・肥満等のライフスタイルの乱れ、
ストレスなどにより、最近、日本人に患者が多い病気の一種です。



このページの先頭へ戻る