そこが知りたい!エコバッグガイドブログ : 2016/09/08


アルコール、薬、合成発色剤を始めとした食品の添加物などを酵素で分解し、
無毒化する事を解毒といい、多機能な肝臓の大切な働きの一つであることは間違いありません。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝という病気は、
動脈硬化や肝硬変等々多種多様な健康障害の合併症をもたらす可能性があるのです。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、
5日前後処方薬を飲めば、一般的に9割前後の患者さんの自覚症状は消えますが、
そうは言っても食道粘膜の炎症そのものが全快したわけではないので気を付けましょう。

軽い捻挫だろうと自己判断して、
包帯やテーピングテープなどで一応患部を固定し、
様子をうかがうよりも、応急処置をした後素早く整形外科で診察してもらうことが、
早く快癒させる近道となるのです。

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、
人の身体の中の脂肪の占有している%のことであり、
「体脂肪率(body fat percentage、
percent of body fat、
%)=体脂肪量(somatic fat volume、
キロ)÷体重(body weight、
キロ)×100」というシンプルな数式で調べられます。

内臓脂肪が多いことによる肥満と診断され、
油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、
「血圧(blood pressure)」、
高血糖の中で2個以上合致するような健康状態のことを、
メタボリックシンドローム、略してメタボと名付けました。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるので大気中に存在するオゾン層で一部が吸収されるのですが、
地表まで届いたUV-Bは肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を壊したりして、
皮膚に良くない影響をもたらしています。

エネルギーの源として速攻で機能する糖質、
細胞の新陳代謝に欠かせないタンパク質など、
度の過ぎた痩身ではこの2種類に代表される体調をキープするために欠かせない成分までもを減少させてしまっている。

塩分と脂肪の摂取過多をやめた上で続けられる運動に尽力し、
ストレスの少ないような日常生活を心がけることが狭心症を招く動脈硬化を未然に防ぐポイントです。


ちん毛をイソギンチャク!!!!って言ったんだっけ。記憶が曖昧ガール 本気で発毛するよう奮闘中だけど効果が得られない

栗山さん、僕の下の毛返してください…。 発毛治療 大阪 美容院の予約が来週しかとれなくてお母さんに切ってもらうっていう。毛先整ってないしなかなかだ暖かい目で見守ってください



このページの先頭へ戻る